緑と 青と …

THE RINGS  

「THE RINGS 橋本コレクション 指輪 神々の時代から現代まで ― 時を超える輝き」
に行きました。

すばらしい!の一言・・・
小さな指輪に精巧で美しい絵画や彫刻がほどこされて
いったいどうやってこんなものを作り上げたんだろう・・・と不思議になってしまいます。
金属の加工だって、今のような工具や機械もない時代にどんなふうにしていたの?

以前アンティークジュエリーの本で見たものと同じような
象牙を立体的に彫った像を封じ込め水晶で覆ったリングもあり
肉眼で見れたのはすごく感激・・・人間業と思えないつくりなのです。
そんなのもあればシンプルながら魅惑的なものもあり、時間を忘れて見入ってしまいそうです。

展示してある指輪の写真が載ったハードカバーのカタログがあり、迷わず買いました。
350点すべて掲載されていてうれしい♪


20140712-06.jpg


美しさは実物にはかなわないですが、写真のほうが彫られた模様がはっきりわかりうれしいです。
ムーンストーンの独特の輝きやすべてのライティングされた煌めきは実物を見たいけれど・・

誘ってくれた姉に感謝です。
そのうちまた行ってしまいそうです。

category: ジュエリークラフト

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret