緑と 青と …

プラスチックみたい  

このあいだ家でヘラがけしたペンダント、
先生に見てもらって更にスミズミを研磨剤で磨き
全体的にはバフがけ(はじめて!)をしてもっとピカピカにしました。


20140208-03.jpg


どうピカピカがよくわからないかもしれないけど・・・
クリックして拡大するとキズも見えてしまうし。


20140208-04.jpg


でも全体的にはピカ~ッとしました。
(個人的にはヘラがけの輝きが好き・・)

そしてお次はふくりんの自由制作?と思って
描いてきたデザイン(というよりスケッチ)を見てもらうと
それは後にまわして次のワックスに進んでもいいよと言われました。
私のスケッチは、ワックスの技術を学んでからのほうがいい感じらしいです。
けっこうそういうとこ、生徒の特徴や希望に合わせて融通をきかせてくれます。

ワックスはソフトとハードの課程があるのですが、
先生のすすめと私の希望が一致したハードワックスに進むことにしました。
やったー、ワックスだ!


20140208-01.jpg
20140208-02.jpg


いまこんな感じです。

穴はもともと空いてて、この形のままもっと長くて12~3センチくらいのを
ワックス用の糸ノコで切ってヤスリで切り口を磨いて、ケガキで線引き中というところです。
これからまたヤスリやスパチュラなどを使って形を整えていくのです。

ハードワックスって思ったよりも硬くて、蝋というより手触りがプラスチックみたいと思いました。
硬いとはいえケガキとかちょっとずれたらすぐ削れちゃうけれど。

ワックスをやっている人たちがよく、「ハードワックスはたいへんだからやだ」と言ってました。
そうなのかあ、これからどうたいへんになってくのかな。
でも彫刻みたいでおもしろそうだし、いろいろ楽しみです。

category: ジュエリークラフト

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret