緑と 青と …

レモン飴  

五反田の研磨初日でした。

10時から5時まで研磨!
午前は体験の人も含め3人で午後は2人で、とてもやりやすかったです。
研磨機もひとりでずーっと使える・・・。

今回はラウンドカボションを作っています。


20130803-1.jpg


けっこう大きいシトリンを選びました。
シトリンと書いてあったけど、黄金色でなく黄色です。
放射処理のイエローかな。

大きさはこんな感じ・・

20130803-2.jpg


カリキュラムに沿って課題を作っていきます。
好き勝手に作るのと違って地味な作業が延々続くけど・・・そういうのも好き。

研磨機は縦に回転するロールが2個ついていて、
左は荒い砥石が常設、右はベルトのヤスリを付替えるようになっていました。
このベルトのヤスリは新しいうちはすごーく削れて、注意が必要でした。
といっても基本注意して使うものなのですが、御徒町の学校の研磨機は
縦に回転する砥石タイプと平面で円盤が回転するタイプがあり
どちらも石と爪は削れるけれど指や皮膚が触れても削れませんでした。
しかしこのベルトのヤスリは皮膚が触れると削れてしまうようです。
ただ基本は触れないように注意して扱うものなのでひどいことにはならないですが
なんか指がヒリヒリするなあ・・・と思っていたらぽちっと赤くなっていまいた。
気づかず触れていたみたいです。要注意です。

私のは研磨機で600番までかけた状態です。
ただし使い込んだ600番のベルトを使ったのでけっこうもうツヤツヤぽいです。

次回仕上がるのかな。どうかな。
先生が違えばやりかたも多少違ってくるので予測できないことが多いです。
いろんなやり方を知るのは楽しいね!

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret