緑と 青と …

季節モノ  

スーパーで青山椒を見つけ、「ヤッター」と買ってきました。

青山椒(実山椒)1

これで1パック分の実をはずし終わりました。
1時間くらいたったかな。
あと3パックもあります・・・。

見つけてうれしかったので、調子に乗って4パックも買いました。
はじめて生の青山椒を見つけてテンションがあがり
『今買わないとなくなっちゃうかも、明日だと鮮度が落ちちゃう~
1パック?ダメダメ足りない、2?3?4?どうせなら5個?
やっぱり4個・・・多いかな・・・いや4個だ!』
などとああだのこうだの悩み4パック買ったのでした。

やっと全部はずし終わり♪

青山椒(実山椒)2

水に漬けて1回目のアク抜き中。
ちょっとしなびた実もシャキッとふっくらしました。
なんというか、緑の宝石みたい・・・ウットリ。

はじめて生の青山椒を使うのですが、
私は友達にもらったちりめん山椒の衝撃的ビリビリ感が忘れられません。
下処理方法をいろいろ検索した結果、あまりアク抜きには時間をかけないことにしました。

1、実をはずし、水に1時間ほどつける。
  (しなびた実をシャキッとさせる、アクを少し抜く)
2、お湯をわかし、10分ほど茹でて冷水にとる。
3、30分ほど水につけて更にアク抜き。

今回はこんな感じにしてみました。
辛みがどのくらい残るのかわからなかったので~。

早速、ちりめん山椒にしてみました。
ビリビリはするけれど、あの時の衝撃にはすこーし欠けるかな・・・という感じでした。
でもおいしい~♪

アク抜き、1分弱湯がくだけでおわりという人もいれば、
ゆでたあと水を替えながら1晩おくという人もいました。
出回る時期でもアクの抜け方は違うみたいです。
今頃は実が若いから少しの時間でよくて、6月に入るとアクも増えるので長時間・・とか。
そうか、多少のアクさえ抜けばあとは好みでいいんだなと理解しました。
(今書きながら、私は間違いなくアクを抜きすぎだ・・・と気付きました)
(ビリビリ好きならこの時期は湯がく程度でよいかも)

アク抜き済の青山椒、まだ2/3くらい残っているので冷凍しました。
何に使おうかな~♪

category: 日常

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret