緑と 青と …

枝豆の呉汁  

お盆は実家に行きみんなでお墓参りなどしてきました。

実家近くの古民家カフェがテレビに出たとかで姉が録画していて
見せてもらったら枝豆の呉汁が出てきました。

なつかしい~祖母が作ってたのとほぼ同じだよ・・・
実家のほうでは呉汁といったらほぼ生の枝豆で作ります。
枝豆のさわやかな香りとまろやかなコクですごくおいしいの!大好きなの!

もう頭が呉汁でいっぱいになってしまって、帰りに枝豆とナス買って作りました。


20160814-05.jpg


実家では具はナスのみです。
たまに油揚げも入ったっけかな?

これ、自分にとって理想の最高のお味にできました♪
作るたび微妙に味が濃かったり薄かったりするので・・・
おいしくて感無量(T T)

食べたことがない人は、ぜひ作って食べてみてほしいなあ。

作り方は簡単です。
ナスの味噌汁の仕上げにすり鉢で擂った生の枝豆を入れ、
枝豆に火が通るくらいひと煮立ちさせるだけです。

続きを読むに軽く作り方載せてみますね。


20160814-01.jpg
1、生の枝豆をさやから出したものをすり鉢に入れます。

※さやから出すとさやの内側の薄皮が付いてて取りにくいのでそのまま水に着け
しばらく置いたら手でゴリゴリ揉むと薄皮がきれいに取れます。

※更に豆自体の皮も取ってしまえば口当たりがいいです。
(大豆で言えば、炒ったときに破れる皮のことです。うちでは取らないけれど)



20160814-02.jpg
2、擂り潰します。

  擂りにくいので、最初は突いて潰してある程度潰れたら擂ります。
  少々水を入れると擂りやすいです。

  うちは写真くらいのツブツブが残るくらいが好きですが、お好みでもっと細かくしても。
  ミキサーを使う人もいますよ。私はすり鉢の方が好き。食感がちがうので~



20160814-03.jpg
3、ナスの味噌汁をほんの少し濃い目に作り、擂った枝豆を入れます。
  泡が盛り上がってくるので目を離さないで、火加減注意です。



20160814-04.jpg
4、泡が全体に広がって枝豆に火が通るくらい煮れば出来上がり♪

※味噌を入れるのを最後にした方がいいのかも。うちでは枝豆が最後ですが・・・



子供のころは呉汁は枝豆で作るものだと思っていました。
大豆で作るのが本当なのだよね。
枝豆がない時期に祖母が食べたくなって大豆で作ったことが1回くらいあったきがします。

枝豆の呉汁は子供の頃からの季節の楽しみです。
フキの煮物やふきのとうの油味噌、真竹の味噌汁もそうだなあ。

category:

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret