緑と 青と …

真鍮ゴールド  

20150627-01.jpg

できたできた、2つ目のラウンドブリリアントカットができました~。
自分の予想以上にうまくできて、しかも予想以上にステキな色合いの石でした!
五反田での研磨です。


20150627-02.jpg

落ち着いたゴールド・・・真鍮ゴールドという感じ?
先生がドップから外してチェックして「これ全反射してるんじゃない?おおー、グッド!」
と言いながら渡されたときの感動といったら。
キラキラ キラキラ 輝いてるんです。
親ばか的かもしれませんが、写真よりもっとキラキラしてるんです。

ファセッターは角度はきちんと設定できるけどどこまで削っていくかは自分の感覚なので
面の大きさや形をよく見て一番いいところで止めないといけないです。
(しかも学校のは古くて、角度もレシピどおりでなく微調整しないといけない部分もある…)
まだ2個目でしかも月1の私は感覚がよくわからないので運の力が大きいかも・・・

そんな中かなりいい感じにできてうれしくてうれしくて。


全反射してると、正面から見たら向こう側が透けて見えないのですが
写真に撮ろうとするとカメラのレンズが黒く写り込んでヘンになっちゃう・・・


20150627-03.jpg

こんな感じに。
目で見ると光ってるのに写真だとなんで黒くなるんだろう・・・って
いままでわからなかったけど、ようやくカメラのレンズが写ってることに気づきました(^^;


20150627-05.jpg

色合い、ねらったのはキューレットに濃い部分が出るようにしたかったんだけどムリでした。
でも予想以上のきれいな色にそんなのどうでもよくなりました。
ザンビア産のナチュラルカラーのシトリンです。

(元の石・・・3つに切断して既に研磨中、真ん中部分を使いました)
20150404-06.png

残った部分もファセットカットできたらいいな。


20150627-06.jpg

この石で自分用のリングを作りたくなってきた。銀がいいなあ。
実は研磨以外は休学することにしたのだけど。
来月は工具類持って帰ろう。ついでにワックス買って来よう。


20150627-07.jpg

次はステップカットの長方形、ファセッターで研磨します。
またローズクォーツ。

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 4

6月の土手の実力は  

6月初旬~中旬の土手は、草が刈られなければキキョウソウが満開になります。


20150609-200206-1.jpg

20150609-200206-3.jpg

2002年6月の土手。
この間の景色とは全然違うね~



20150609-200206-4.jpg

どこまでも続くチガヤの白い波・・・
この時の感動といったらありません。

友だちやら妹やらをかわるがわる土手に連れてきて
感動をわかちあい(押し付けかも…笑)ました。

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 0

昨日の土手  

iPad mini で撮った昨日の土手


20150620-03.jpg

外側と


20150620-04.jpg

内側の河のほう。
雲が気持ちいい~~~!

そうなんだ、カワヤナギの林とオニグルミの木がなくなっちゃったんだっけ。
群生してたノイバラとクコも刈られたし。


20150620-02.jpg

ちょっと伸びてた草とちょうちょ。
向こうのお山は筑波山だよ。

category: 最近の土手

tb: --   cm: 3

買っちゃった  

20150620-01.jpg

昨日実家に行って、ひさしぶりに土手に行ってみました。
iPad miniで写真を撮ったけど、土手の草は思ったように撮れなかったのです。
といっても刈上げからちょっと成長した程度だったのだけど。

で、帰って電気屋さんに即行しました。
植物がきれいに撮れるミラーレス一眼がいいと店員さんに言って結局LUMIX。
ほんとはFUJIが欲しかったけどちょっと大きくて重かった・・・
でもLUMIXなら持ってるコンデジと同じだから使い勝手よさそうだし♪
昨日はこれをいじりすぎて目が疲れちゃった。


20150621-01.jpg

それで今日は冷凍しておいた真竹煮でまぜご飯を作ったり


20150621-02.jpg

梅をもらっちゃったので梅ジュース仕込んだりしました。
冷凍しておいたからもうシロップが出てきてる・・・
梅ジュース、失敗しないで出来るかな♪

category: 日常

tb: --   cm: 0

オレンジ色のにくいやつ  

このタイトルがわかる人は同世代?
それとも若い人も知ってるのかな。


20150605-09.jpg


鮮やかなオレンジ色が気持ちいい~
スペサルティンの中でもマンダリンガーネットと呼ばれる色合いです。
コロコロの結晶、このままがかわいいね。

category:

tb: --   cm: 0

クローバーが好き  

20150609-200405-1.jpg


アカツメクサとシュワシュワしたイネ科の草がかわいかったのです。
イネ科の草は種類が多くて名前がわからない・・・
上のほうにシュッと伸びてるのはネズミムギかも。
2004年5月の土手です。


20150609-200205-2.jpg


アカツメクサは色の濃淡がけっこうあって、たまーにこんな真っ白いのもあるのです。
見つけたときはうれしかったー。
純白のポンポンの花がすごく美しいよ。

白くてもシロツメクサではなく、アカツメクサの白花。
背が高くて、首元に小さい葉っぱがつくのでわかります。
雪花詰草(セッカツメクサ)とも呼ばれるそうです。
雪の花・・・わかるなあ~~いい名前。


20150609-200204-3.jpg


シロツメクサもこんなふうに広がっていて、いい香りでした!
コメツブツメクサもだけど、やっぱりクローバーたち大好きです。

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 2

形ができた  

昨日、ブリオレットカットの形がやっとできました。
でもほとんど先生に修正されたので微妙な心持ちなんだけれど・・・


20150613-01.jpg

右端のおしりの先端を削りました。
いま細かい盤でまた全体を磨いているところ。


20150613-02.jpg

おしりの先端はこんなきれい~
でも堂々とした気分ではナイ・・・私が削ったときはこんなきれいな6弁花ではなかったもん。
でもココ難しいし、初めてだし、まあいっかもう仕上げたいよ~と思って先生に見てもらったら
先生の修正作業がはじまってしまいました。
しばらくはじっと先生の磨きを見ていたんだけど、まだまだ時間かかりそう。
なので先生にことわってスターローズクォーツの続きをちょこっと削ってました。
(延々見てて角度とか頭に入れても見るのと自分でするのではまた別なのです。
ここは見てても時間がもったいない部分なので)


20150613-03.jpg

これは頭部分、細いほうの先端です。
こっちはほとんど自分で削りましたよ♪

私は自分で作るんだから多少ヘンな形でもいいかと思ったけど、
考えてみればきれいに出来てた方があとでまた自分で作ろうという時参考にするのにはいいね。
(自分で作ったという充実感が少し減るけど~笑)

次回こそ仕上げ磨きに入れるかな!

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 0

買わなくてもそのへんをよく見れば  

20150609-200204-2.jpg

4月の土手にはこんな白い小さいかわいい花が群生して満開になります。
きっとそのへんの小さい川べりとか畦道とかにも生えてるかもしれません。
通勤路のキジのいる辺りにも咲いてたなあ。

これは野萵苣(ノヂシャ)と言って、若い葉はサラダなんかにして食べられるみたい。
マーシュという名のハーブでもあります。たしか。


20150609-200404-1.jpg

これが若い葉です。
みずみずしくておいしそう~って思ったけど
土手だし犬のおしっことか気になるのでさすがに食べなかったです。
火をとおして食べるものならぜったい食べちゃうけど。
セリとかふきのとうとかツクシとかカラシ菜ぽいのとか摘んできて食べたなあ。
どれも野性味あふれて香ばしく、そして摘みたてのふきのとうは驚くほどアクが少なくさわやかでおいしかった!

これも2002年4月の土手からでした。

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 0

キイロイコメツブツブツブツブ  

20150609-200204.jpg


満開のコメツブツメクサの中にちょこんとニワゼキショウ
この時、あたり一帯が黄色い絨毯だったんだー
2002年4月の土手です。

タワシまたは刈上げの今でもこの光景なら見れたかも。

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 0

「草が好き」  

草が好きな人を探したいと思って
「草が好き」って画像検索したら
猫が好きな草ばっかりでてきた・・・次いで犬。

検索のしかたを考えねば。


20150608.jpg

2002年5月、毎週末に草を求めて歩き回っていた時の土手。
キキョウソウが咲いてます。

「草の根を分けて探す」って、草を掘って根を分けてまで探すって事?
それとも草の根本を分けてまで探すって事?

後者だったら文字通り、当時は草の根を分ける勢いで草を観察していました。
たとえばこの土手の1m四方の中にどんな草があるかみたいに。
もしくは見たことない草、見落としてた草がないかな、とか。
そりゃもうわくわくしながら。

いまこの土手はいつもタワシみたいに刈られているので行かないんだ。
なので時々、当時の草を貼ろうかと思います。
震災でPC壊れたのであんまり残ってないんだけれど。

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 4

神秘の赤  

歳を重ねるごとに赤い色が好きになっていく
だんだん体も心も弱っていくから強くなれそうな赤に惹かれるのかなあ。


20150605-01.jpg

まるでピジョンブラッドルビーのような深い赤に心奪われました。
モゴックのレッドスピネルです。
小さくても悪いものを全てはじき返してくれそうな深くて強い赤!
(いつものことだけれど、実物のほうがもっと深い美しさ)


20150605-02.jpg


遠近のからみで左のがかなり大きく見えるね。
ちょっとだけ大きいかな。直径6mm強と6mm弱です。

どちらかひとつにしようと思ったけれどどうしても選べなくて両方にしました。
左のほうが透明感があって右のほうは少しマットな感じ。
これがルビーだったらこんな小さくてもすごーくお高いだろうなあ。
スピネルもちょっと前より高くなったとはいえ、私が2個買おうと思うくらいの値です。

だけど吸い込まれそうな紅色にドキドキしちゃう、美しい石。

細い金でシンプルな覆輪の指輪にしたいな。
これなら今の私の技術でもいけそうだね。ワックスならね。
金は高いから今ムリだな~しかし銀はイメージではないんだよね。
とりあえずワックスの型だけでも取りかかってみようか。
いつも「作りたい」って口ばっかりだしね。フフ。


今日はいつも心のままに無計画に買い重ねて
プラスチックコンテナにごそっと入った原石などを仕分けしたりして整頓しました。
といってもまたそのコンテナに入れたので見た目は一緒なんだけれど。
ときどきこのように全部出して整頓すると買って忘れてるのとか思い出すので良いです。
石を見ながらウキウキするし♪

category:

tb: --   cm: 0

桜餅色  

ほんとはウォーターメロントルマリンなんだけれど・・・
スイカ色のはビビッドすぎてあまり好みでないのです。


20150605-04.jpg

でもこれはなんだかときめく色合い。
そうだ、大好きな桜餅の色なんだ。


20150605-05.jpg

上から見ると中が淡いピンクで周りが若葉のような色。
色が薄すぎてパッと見何色かわからないからか、お買い得でした。
ラッキー♪

category:

tb: --   cm: 0

ウロコ状  

きのう新宿ショーに行ってきました。
やっぱり初日はおそろしく混んでました。
今回は特別展「鉱物の不思議で美しい模様と結晶」もすごく楽しみ。

3年前に出た「不思議で美しい石の図鑑」の石と、いつもため息が出るほど美しい結晶ばかり扱われているUSK MINERALSさんの石の展示なのです。
不思議で美しい石の図鑑は大半がアゲート。出てすぐ買ったときは「おお~すごい、おお~きれい」とパラパラと流してあとは本棚に入れてしまったのですが、その後自分で石を研磨するようになってアゲート類に更に興味を持つようになってから、たびたび開いてお世話になっています。イリスアゲートもちょこっとだけ載っています。

そんなフンイキの新宿ショーで、前から気になっていたアゲートを買いました。


20150605-11.jpg

ウロコみたいなシワシワみたいな模様が特徴のスネークスキンアゲート。


20150605-10.jpg

この手前側なんてほんとに蛇の頭の模様みたいじゃないかな。
これは形も模様もおとなしめなんだけど、他のはもっとぐにょぐにょで模様も濃いです。


20150605-12.jpg

光に透かすと半透明な感じでけっこうきれいです。
これ、ごろごろっとある中で一番最初に目に入って、その後ほかのもよく見て好みのを探したけどやっぱり最初のこの石に惹かれたのでした。
つい研磨目線で中身のきれいなものを自然と選ぶんだけど、これは磨かないよ。
なんか愛着がわくし(巳年だから?)模様がなくなったら寂しいもん。

category:

tb: --   cm: 0