緑と 青と …

手回し研磨機お試し  

昨日の夕方、まだ軽く頭痛だったけれどこんな時だからか石を磨きたくなって
手回し研磨機をちょこっと試してみました。


20141130-03.jpg

左からブルームーンストーン、ラブラドライト、アイオライト、サンストーン、アイオライト。
石英系は金属音が高くて近所迷惑っぽかったのでそれより少し柔らかめの石などを選びました。
あれ、アイオライトはそんな軟らかくないっけ・・でも音は他の石と変わらなかったです。
このへんの石は五反田の学校では割れやすいって却下されてたのでちょうどよかったです。

うまく加減したら、写真のような感じで粗磨き出来ました。
ダイヤモンドホイールの120番を使ってます。
試し磨きなのでそんないい石使ってないんだけど、いい感じかも。
そのうちちゃんと仕上げてみよう~♪

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 0

低気圧  

久しぶりの学校のない土曜だったのに、爆弾低気圧の時のようなヒドイ頭痛で午前中をフイにしてしまった・・・。

横になったりしてもだえているうちふと頭痛がやわらいでいきました。
もう午後1時半。
天気図を確認したら、前線が上から頭上を通過してます。やっぱり。
きっと今上にあるか下に降りたんだ~。

外でお昼しようと思ってたけどまだちょっと頭痛あるので家でチャーハンと漬物とお味噌汁ご飯。
おいしいなあ。最近面倒であまり作らないんだけど、手作りご飯のほうがほんとは好きです。
漬物は買い物ですが。

category: 健康

tb: --   cm: 0

切断機・・・  

手回し切断機にダイヤモンドソーのセッティング、なんとかできました。


20141124-02.jpg

最初に横ブレしたのはアタッチメントを無理やりねじ込んだのでひずみがあったのと
ダイヤモンドソーもたまたま歪みがあったのを使ったみたいでした。
厚みぺらぺらだから歪みやすいのかも。


20141124-01.jpg

付属のグレーのアタッチメントを何回か無理やりねじ込んで外したら穴が広がると予測して
やってみたら少しは楽に入るようになって、キチンと締め付けたら横ブレなくなりました。
刃の左のがアタッチメント。ギザギザのプライヤーで何度もぐりぐりしたので表面ギザギザです・・
下に落ちてるグレーのゴミはアタッチメントが削れたカスですよ・・・(^^;
アタッチメント、ダイヤモンドソー、金属の輪っか(ワッシャー?)、ナットの順でセットしてます。


20141124-03.jpg

ダイヤモンドソーは穴が芯より大きいので、こんな感じにバランスを取ってセッティング。
穴のサイズ違いは修正ブッシュを使ったらいいかと思ったんだけれど、厚みの合うのが売ってないみたい。穴サイズは合うんだけどなあ~残念。
でもM氏もこのまま使っている感じ(説明文によると)なので大丈夫でしょう。

ここまでなんとかうまくいったと思ったんだけれど、最大の問題が浮上しました。
音が大きい・・・

そうだよねえ、メノウは硬いよね・・・ガラスより硬いもんね。
どんなにゆっくり回してもキィーーーンとかジャーーーンとかいうような音しちゃうのです。
ああ・・・なんかなあ。自分だけならこういう失敗はよくある事なんだけど・・・
だいずさんごめんね~(T-T)

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 2

どうなのかな~  

20141122-01.jpg


土曜の午後はワックス作業でした。
あまり上達してない感じ・・・

でもね、「盛りワックス」で検索してみたらすごくきれいなのがありました。
あんなふうに出来るなら盛りワックスもいいなあと思います。
ただね、アルコールランプにスパチュラだとよほど上手くならないと難しいかも・・
いま寒いからスパチュラもすぐ冷えてワックス固まっちゃうし。
ワックスペン使ってみたいなあ。学校にあるのかな。
もしあるなら試しに使わせてもらおう。

写真の左のは完成してるんだけど、持ち帰る途中で一部切れちゃった。
このまま保存だから別にいいんだけど、あとで修復しよう。
右のはとりあえず一周盛ったところなので、補正してバリを取ったら終了です。
シャカ玉部分が銀より難しいなあ。


ところで今日は、市内にできたスーパービバホームを探検してきました。
国産の手動研磨機は見つかりませんでしたが(先生がホームセンターにあると言ってた)
私のにサイズが合いそうな砥石のホイールがあったのは収穫です。
重いから買わなかったけれど。
五反田の学校にもあるかもしれないからあとでチェックしよう。
なければネットで買おう~。

category: ジュエリークラフト

tb: --   cm: 0

オブジェにしよう  

20141122-02.jpg

長いこと削っていた手磨りのステップカット系、やっと完成しましたー
となりのリングは大きさの目安用です。


20141122-03.jpg

裏側です。
写真だときれいぽく見えるけど、面のサイズバラバラで細かいキズもいっぱい・・
でも手磨りでの初めてのちゃんとした宝石らしいカットです。
うれしいー


20141122-04.jpg

手の上にのせるとやっぱり大きいです。
このままオブジェにして飾っておこう。


20141122-05.jpg

こんな感じで磨いていました。
前に携帯で撮っておいたの、忘れていたんだけど見つけました。
この研磨機は学校のだけど、職人さんが使うものとは違いホビー用なのだそうです。
なのでファセットだとどうしてもキズなしピカピカにはできないらしいです。
ここで出来る範囲の磨きを教えてもらっている感じ。

次は面を超少なくしたブリオレットかラウンドか、どちらかをします。
楽しみだな~どっちにしようかな~。

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 0

苦戦中  

手動の研磨機兼切断機がこの間やっと届きました。


20141116-01.jpg
(うしろがごちゃごちゃしてますが・・・)


写真の研磨用ホイールは問題ない感じですが、切断用は苦戦中・・・・・

アタッチメントの穴がきつくてまったく芯に入らなくて無理やりナットでねじ込んで
ダイヤモンドソーをセッティングしてみましたが回転に横ブレがあります。
そしてムリヤリねじ込んだアタッチメントがまったく抜けなくなり
プライヤーでかなり力を入れて回して外したら傷がついてガタガタになっちゃった。
そこでアタッチメントの代用にちょうど良さそうな大きさのナットW5/8を買って使ったら
サイズはいいんだけどやっぱり横ブレがあって、どうもそれは本体の問題みたいです。
調整できるのかなあ・・・M氏に問い合わせをしてみるしかないかな。

ところで、セッティングに使う工具はモンキーレンチ1個しか持ち合わせていなかったので
スパナの代わりにラチェットレンチを買いました。
やっぱりこれにしてよかった~頻繁に付け替えするから楽でいいです。

石をちゃんと切断できるようにしたいな~そのために切断機を買ったのだ~

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 2

先生!  

研磨の友たちがすでに出会っていたJRのポスター
やっと私も出会えました~♪


20141115-01.jpg


懐かしの大宮で、びゅうプラザの入り口にパネルで掲示されてました。
我らの研磨の先生が写っています。
パンフレットももらってきたよ。
キャンペーンは今月いっぱいだって・・・間に合ってよかった!
電車内のCMは残念だけど見れなかった~。

ちょっとコウフンしたので二ノ宮知子の新刊を買い忘れてしまった・・・。

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 2

虫っぽい  

20141107-01.jpg


ストローエビを作ったあと気になっていたバッタ
緑のストローを見つけたので作ってみました。

ちょっと色合いが濃い目だけどほんとに虫っぽい~


20141107-02.jpg


オナカも。

(苦手な人いそうだからサムネイル小さくしました)
20141107-03.jpg

category: 工作・ハンドメイド

tb: --   cm: 2

金だー  

プチネックレスの石座とリングのキャストがあがってきました。


20141108-01.jpg


キャスト後そのままの状態は粉吹きみたいな感じです。
シルバーのリングは真っ白。
K18はもう磨き始めてるのでちょっと光ってるけれど、最初は黄色い粉吹き状態でした。
写真に撮っておけばよかったなあ。


20141108-02.jpg


うしろには湯口という、金属を流し入れた口の部分がついてます。
K18のほうにも斜め横に付いてました。もう糸ノコでカットしてヤスリがけ済みです。

ヤスリをかけると削りカスがどうしても出てきます。
銀の場合は少しなら学校の削りカス容器にいれますが(多ければ私は自分で回収)
K18ともなると先生からも「削りカスは全て残さず自分で回収してね」と言われます。
最初の写真はリング以外はK18プチネックレス用の材料などですが
ちゃんとK18削りカスの袋もありますよ(^^)
いま地金4,600円/gくらいだからK18でもけっこうするし~。

金に糸ノコかけたりヤスリがけしたりするのって初めてなので緊張するけど
なんだかちょっとでも職人さんに近づいた気分で身が引き締まる思いがしました。
(K18は硬くて糸ノコがすべってなかなか切り込めなくてドキドキしましたよ)

金ロウがK14ですがそれには理由があるのです。
K18ロウは融点が810℃、K14ロウは760℃で、微細なロウ付けの場合は
融点の低いK14ロウを使った方がいいのだそうです。(お店の人談)
ああ~ロウ付けもするんだそのうち。緊張するなあ。

銀のリングはそのうち家で仕上げようかなと思います。

午後からはまた盛りワックスでした。


20141108-03.jpg


真ん中のは前回作って、両脇のは家でほとんど作り学校で修正して仕上げをしました。
作業はおもしろいけどやっぱりこれでジュエリーを作る気にはならないなあ・・・
もっとうまくなったらまた気が変わるかもしれないですけれど。

次は盛りワックスのリングです。
下絵を描いたトレーシングペーパーを木芯に巻いて輪にし、
その上にワックスを盛っていくのだって。
木芯けっこういままでも使ったので帰りに買いました。
せっかく買ったし、また家で進めていこうかな。

家で進めるのを増やしすぎかな?
でも今月祭日2日あるし、やりたいだけやって行こうっと。

category: ジュエリークラフト

tb: --   cm: 2

工作は楽しい  

この間アルコールランプを買う時、いろいろ検索していたら
「アルコールランプ 自作」というワードが出てきていろんな手作り品があって
ふーーーん・・・気になるなあ・・・作ってみたいなあと思っていました。
100均やスーパーなんかで材料になりそうなものを時々チェックしたりして。

で、材料がそろったので作ってみました。


20141102-01.jpg


ちゃんと燃えてます♪

ガラスは100均でみつけた電球型の小瓶です。
アルミの口金型のフタがついてて、それを使いたかったんだけど
本物でいえば絶縁体みたいな黒いガラス質のものがついてて
それを割ってはずそうとしたけど全然割れなくて使えませんでした。
それで何か代用できそうなものを探していたところ
チョコラBBのキャップが合いそうな事に気づいて試したらピッタリ。
せっかく持ってる工具類を駆使して穴をあけ、怪我しないようフチにヤスリがけしました。

芯も100均でみつけた綿ロープです。
アルコールランプの芯をわざわざ買わなくてもなにか・・・と思っていました。
綿の紐って今あまり見つからなくて、手芸用品でもアクリルばっかり。
今日、買い物のついでにふとセリアでロープならあるかなと見てみたらあったのでした。
ロープって芯にどうかな・・とも思ったけど芯として使えなくても綿ロープなら他に使えそう。
でもバッチリ、いい感じに燃えてよかった。
このロープ、前に買ったアルコールランプの替え芯にも使えそう♪

ただ、炎がキャップから直に出ているのでビンが熱くなりやすいので
キャップとガラスの間にシリコンのおかず入れを切り抜いて挟みました。
ちょっとは熱さが伝わりにくくなったかも・・・。

あとでアルミの板とか見つけて芯を巻いて着火位置を高くしてみようと思います。
学校から金冠バサミを持ってきてアルミ缶を切ってもいいかも。
工作は楽しいなあ。


工作ついでに、後ろに見えてる木の工具立ても今日300円ショップで見つけました。
前から工具立て探していて、こういうの欲しかったんだけどネットでは高くて。
なぜか今日はいろいろ見つかってしまう日だなあ。

後ろ側は仕切りがないので、とりあえず段ボールで四角くBOXを作り真ん中にセット。
手前にも小物類(シャープ芯や小ハサミ)入れを設置。
安っぽいけどなんかピッタリきてうれしい~。
あとでコルク板とか100均なんかで見つけたら作り変えよう。

写真の右に見えてる大きいペンケースにあふれていたペンと工具類を立てて
けっこう満足な一日なのでした。


-------- 追記 ---------

まさかここを見てアルコールランプを作ろうとする人はいないと思うけれど・・・
事故防止のため、作りたい人はちゃんと作り方と注意事項のあるページを参照してくださいね。

category: 工作・ハンドメイド

tb: --   cm: 0

手磨き痛  

品川での研磨でした。

前回からはこっちでも手磨きカット!
でも御徒町のほうとは内容が違います。
両方経験できるのってすごくためになるな~と実感中なのです。


20141101-02.jpg


寒天のようなホワイトカルセドニーをいちばんシンプルなスクエアカットにしていきます。
グラインダーで形作ったら紙ヤスリで整える、削ったら紙ヤスリで整える、を繰り返してます。
いま上面を整えてるところ・・・


20141101-03.jpg


御徒町と違うのは、紙ヤスリは動かず石を持った手を動かして削るということ(^^;
ほぼ一日、ヤスリに石を押し付け力を入れて石磨きしてました。
皮の指サックとテーピングで保護しても指先イタイです・・・もちろん筋肉痛は決まりです。
そのような感じなのでステップカットなどできるわけないので、このようなシンプルカットです。
下側のパビリオンも同様だそうです。

でも楽しかったー!
石削るのってすごく楽しいです。
上面は240番が終わったので400番かけてる途中。
家で400番は仕上げていこうかなと思います。

楽しいけど疲れたので、帰ったら甘いものでお茶しました。


20141030.jpg


会社の友だちにもらった、蜜入り落花生です。
殻ごと黒蜜で煮込んであるんだって。
殻を割ると蜜がとろーっとしてます。中の豆だけいただきます。
これがまた甘納豆みたいでおいしいの!

殻についた蜜がもったいないので、ルイボスティーに殻を入れて飲んだらおいしかった!
友だちにあとで聞いたら、お茶に入れるのはオススメの方法って書いてあったと言っていました。
最初に言ってくれればいいのに・・・(笑)
あまりおいしいので検索してお取り寄せしようと思って、と話したら
会社の隣りの駅前に出店してたよとの事。
そのうち買いに行こう~♪

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 0