緑と 青と …

これはふつうが好き  

丸カンを付けて、いまバチカンを削っているところです。

20131130-1.jpg


丸カンをロウ付けするまでがたいへんだった・・・
本体のでっぱりに合わせて丸カンの端を削り、軽石の上に本体と丸カンを
仕上がりの形なるよう合わせて置き、その接触面2か所にピンセットでロウ片を置きます。
置くというか、たてかける感じ。ロウは0.5mm角くらい。
それが全然できなくて、何度やっても丸カンからロウが滑り落ちちゃう。
丸カンに触れるとずれちゃうし、触れないようにすると落ちちゃうし。
30分くらいずーとロウを乗せては落とし乗せては落とし、作業してました・・・。

ほんとは2か所いっぺんにロウ付けしたかったけど、
やっと1か所置いたあとそれを保持してもう1個置くのは私にはムリ・・
なので1か所ずつロウ付けしてなんとかできました。
1か所ずつするのも気を付けないと、最初に付けた部分がもう1か所付けるとき
バーナーを当てすぎて温度が上がりすぎるとロウが溶けてずれたり外れちゃうのです。

でもまあなんとか付けることが出来ました。
1か所付けた後も、位置がずれてることを先生に指摘され、
ヤットコで形を整えてもらったりいろいろ一筋縄ではいかなかったです。

そして今度はバチカン作り。今回もフツウの形です。
と言ったら先生の表情からは『またふつうにしちゃうの…』
的ニュアンスを読み取りましたがシンプルにしたかったの。
勉強のためデザインバチカンにすればよかったかもしれないけど~。
また諸事情あって(失敗とか…)今回の刻印は「SV」になっています。
最初の写真、本体は表面だけどバチカンは裏面です。

↓のバチカンが表、ついでに本体の裏面も撮ってみました。


20131130-2.jpg


バチカン、もう少し細く丸みも付ける予定です。
前のペンダントと同じ感じになるかなあ。

category: ジュエリークラフト

tb: --   cm: 0

みそかつ  

この間食べた「矢場とん」のみそかつがおいしくて
ちょっと前にとんかつを買って、田楽のたれに手を加えてみそかつを作りました。
それなりにおいしかったけど、矢場とんのみそだれにはかなわない~。

なので、ネットショップでみそだれを買いました。


20131127-1.jpg


とんかつはまた買っちゃったけど(揚げたてで)
千切りキャベツもきざみネギも買っちゃったけど、おいしかった!
まんぞく~

category:

tb: --   cm: 8

びっくりしたっ  

干したふとんをベッドに運んでリビングに戻るとき
床にあやしい影を発見・・・


20131124-2.jpg


えっ???


20131124-3.jpg


そろ~っと近づいてみたら・・・


20131124-4.jpg


トカゲのフィギュアでした!


20131124-5.jpg

↑ココにいたのが(もうちょっと端っこだったかも)
ふとんを運ぶときあたって落ちたのでした。


あ~、びっくりした。
定位置にいてくれないと(というか床にいると)本物とまちがえてしまうよ。

category: 日常

tb: --   cm: 0

ツルツルになった  

20131116-1.jpg


前回よりツルツルピカピカになりました。
右の変形くんはバランスわるいけど・・・けっこう色が好みです。


20131116-2.jpg


裏面は、いま変形くんのほうを磨いてます。
クラックがまたいつピシッと走るか、ドキドキしながら作業してます。
なんとか大丈夫でした。

次回は変形くんの仕上げ磨きと、それが終わったらペアシェイプの裏面磨きです。
あ~またクラックにドキドキしながらの作業になります。


夕方、彫金のほうの学校の関係者による展示会を見に行きました。
(もちろん私はそんなレベルでないので入ってません~)
仲間と、食い入るように作品を見てまわりました。
すごいなあ・・・と思わず感嘆してしまうものがいくつもあります。
あんなふうに作れるといいな~。

その後、Dさんオススメのみそかつのお店でロースかつ定食を食べました。
かなりおいしい!みそだれもカツもおいし~。
うちの近くには無いようなのが残念・・また食べたいなあ。

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 2

見そびれた  

この間のダーウィンが来たは、アライグマだった!
知らなかった~・・再放送も今回は無いみたい・・・
アライグマの時にかぎって再放送がないなんて~うう。

私はアライグマが大好きです。
数年前に会社の屋根裏に住み着いたコたちを見てから
アライグマと暮らす人のブログを探して
毎日チェックして読んでるうちにアライグマが大好きになったのです。
って前にも書いたかなあ。
何回も同じこと書いてるかもしれないです。

アライグマはちゃんと性質を知って暮らせば仲良くなれるようです。
野生のアライグマが凶暴と言われるのは、野生だからだよ。
(って飼われてる方たちが言ってます)
アライグマを飼うにはいろんな手続きや制限があるようです。
特定外来生物だから。

でもいつか、アライグマと暮らせたらな~と思うのです。
あ~、ダーウィンみれなくて残念。

category: 虫・動物

tb: --   cm: 0

活動的一日  

今日は休みを取って午前は通院、
午後からは去年も行った「玉匠の集い」展示会に行きました。

去年後ろ髪をひかれた研磨の先生のアメトリンがどうしても見たくて、
もしかしたら買っちゃう勢いで行ったのだけれど
去年見たものとは色合いが微妙に違っていました。
去年は淡い色合いのアメトリンだったのですが、今回はいろんな色合いのアメシスト。
それでもすごーく欲しくなりましたが心を落ち着かせ、お持ち帰りなしです。
(内心ほっとしています。先生のはきれいなだけあって高いから~)
でもまた同じようなのを先生が作ってしまったらわからないなあ。
写真があればな。みんなにも見てもらいたいです。
なんかぷにぷにしたゼリーの生きもののようなカットなのです。
自分で研磨できるようになれば・・・あれは難しいだろうなあ。

シミズ貴石さんも出展されてるのでキキョウカットが展示されてるかと
期待してたけど、今回はありませんでした。
売り切れだったのかな?


せっかく平日に御徒町に来たのだから、そのあとは工具店めぐりをしました。
前からほしかったものを探して、買いました。


20131114-1.jpg


アルカンサス砥石に、仕上用研磨材2種。
注射器に入ったダイヤモンドペースト#60000、緑色炭化けい素#30000。
手磨きを試してみようと思うのです。
使い方よくわからないけど、いろいろ調べてみよう。
冬休みにでもやろうかな。

研磨材などの下に敷いてあるのはA4クリアファイルです。
「世界一美しい元素周期表」と言われるものがプリントされています。
その本も欲しかったけど、持ち帰るのは重いのでいつかamazonで買いたいな。

右に見えてるのは子供向けの「ずかん宝石」。
子供向けとはいえ、読みやすくておもしろくて何より写真がきれい!

展示会で何も買わなかったから気が大きくなっていろいろ買ってしまいました。
12月はミネラルショーがあるからこれから無駄使いしないようにしなきゃ。

category: ジュエリークラフト

tb: --   cm: 0

くり抜きました  

ペンダントの土台部分とふくりんをロウ付けして、土台をくり抜きました。

20131109-1.jpg

20131109-2.jpg


くり抜きは、銀板に穴をかけてから糸ノコでギコギコします。
穴あけもピンバイスにドリル刃を付けて手作業でしました。
ハンドドリルのほうが速いだろうけど、自分はピンバイスしか持っていなかったので。
次にくり抜く時はハンドドリルを使ってみようと思います。
いろんなやり方を試してみたいです。

はみ出たロウを削るのにリューターが必要かと思ったけど
(ロウはふくりんの内側に置いたからヤスリがけがたいへん)
なんとか工夫して紙ヤスリでここまでできたので、大丈夫そう。

次回は丸カンをロウ付けします。
丸カン、前回のペンダントの残りを使うつもりだけど、ちょっと細いかなあ。
次回もうちょっと太めのを作ろうかなあ。


ところで、毎回授業があるたびに私はこうしてブログに写真をアップしていますが
そろそろひかえたほうがいいのかな。
最初から思っていたけど、作るものすべてアップしたら学校に怒られちゃうよね。
いつも、学校独自の指導内容みたいなものは書かないようにしているけど
ほっといたら私は作るものすべてアップしたい感じだし。
ほとんど自分のために書いてるのです。
ブログに写真付きで書いてあれば自分で前のを見て参考にできるし
なによりブログに書くことでもう一回頭の中で復習できるから・・・。
ノートにも書いてはいるんだけど(きたない走り書きで~)。

このペンダントが完成したら、
学校の作品をアップするのはひかえめにしようと思います。

category: ジュエリークラフト

tb: --   cm: 2

たまには洗ってみる  

玄関に置いているアメシストとヒマラヤ水晶のクラスターを
ホコリが積もらないうちにと思って水洗いしてみました。


20131103-1.jpg


なんかきれいになったような気がします。
1050円の安物でクラックもたくさんあるし小さいしだけど、
ファントムがきれいでお気に入りです。
実際は紫のところはもっと赤みが強いです。


20131103-3.jpg


先端もちょこっと欠けてるなあ・・・でも大好き。


20131103-2.jpg


ほんのりピンクのヒマラヤ水晶は、お店できれい~でも高い~と思って見つめていたら
「今日は60%オフなんです!」と言われ、お持ち帰りしたものです。
いつもはちゃんとそのお店の定価で売られてるものなのです。
この写真よりもっとキラキラしてきれいです。
いつも玄関でこのキラキラが私をときめかせてくれるのです。

ああ~どちらもやっぱりいいなあ。
また毎日玄関で、お出かけ前も帰宅時もキラキラしててね~。

category:

tb: --   cm: 0

やっぱり安いには理由が・・・  

20131102-1.jpg


先週の研磨での新たなつまずきいうのは、↑この右側のペコッという部分です。
磨いてたら急にクラックが見えてきて広がってパリンと剥がれてしまったのです。

先生に相談したら、じゃあいっそのこと形を遊んじゃいましょうという事で
こんな形になりそれはそれで楽しんでいましたが、これは序章にすぎなかったのでした。
磨いてるうち、次から次へとピシッと虹のウロコのようにクラックが入り
はがれおちた部分を削って修正して、やっときれいになったと思うとまたピシッと・・・。

御徒町の研磨の先生が言っていたとおり、オイルまみれで売っている理由は
クラックを隠す含浸のためのものだったのですね~。
写真左のは御徒町でやり残したスイカの種型ガーネットですが、
これもおしりの部分にクラックが何度も広がりサイズダウンしました。

御徒町で研磨した時クラックが広がらなかった理由は研磨機にあるようです。
御徒町のほうはスポンジに紙ヤスリを貼ったものがレコードプレイヤーのように
回るタイプで、石へのヤスリの当たりがやわらかいのです。
品川のほうはローラー型で縦に回転しますが、けっこう振動があり土台も硬めです。
なので元々のあるクラックが振動のショックで広がってしまうようなのです。
かといってレコードプレイヤーみたいなほうは紙ヤスリを使っているので
すぐ摩耗して使い捨てな感じですが、ローラー型のほうは布ベルトのヤスリなので
かなーり長期間使え、新しくても摩耗して目が削れてもそれぞれ適した使い方ができます。
一長一短みたいです。

そんなこんなで、もう割れちゃうかと思ったけど、
先生が「せっかくだからなんとか仕上げましょう」といろいろ削り方を考えてくれたり
普段使わないようなヤスリを出してくれたり手伝ってくれたり励ましてくれたり、
かなり助けていただいてやっと表側の仕上げ磨きに入りました。
元マーキス型のほう、真上から見るとけっこう形も歪んでます。
でもこんな石を持ってきたおかげでいろいろ勉強になりました。
先生にも「いい石や削りやすい石ばっかりでやってるよりもこういう石は格段勉強になるんですよ」
と言われ、そのとおりだなあ・・・なんて思ったらけっこうこの石たちに愛着がわいてきました。

次回も仕上げ磨きの続きです。
そのあとは裏面が残ってるんだっけ・・・がんばろう~。

category: 宝石研磨

tb: --   cm: 2