緑と 青と …

いがぐりに刺さるきれいな石  

クリーダイト&フローライト


うちのミニクリスマスツリーとしようかな。
クリーダイト結晶にのっかったカラフルなフローライト。

昨日買ったばかりです。
自分へのクリスマスプレゼントということにしよう~。

ネットで見つけたお店がそれほど遠くないので出かけてみました。
そしたら目が合ってしまったのです。
なにこのイガグリにきれいな石がくっついてるみたいの!

見れば見るほどふしぎできれいでかわいくて
お持ち帰りしました。


クリーダイト&フローライト


クリーダイトってなんですかと店主さんに聞いたら、ハロゲン化鉱物ということでした。
ということはフローライトと仲間だから共生してるのかな。
(フローライトもハロゲン化鉱物…という事は知っていました)
店主さんは、クリーダイトは金と一緒にあることが多いので
金鉱脈の目印にもされるようですよとも言っていました。
へえ~、おもしろいな。アントヒルガーネットとダイヤモンドの関係みたい。

そのお店はパワーストーンと原石を扱っていておもしろい石もいろいろありました。
パワーストーンの事はわからないのですが、店主さんがとても感じよいです。
買った石はすべて浄化というのをしてくれるそうです。
ドライのセージの葉をお香のように焚いて煙にあてていました。
ふーむ、ネットで石を検索しているときなぜかセージが出てくることがよくあり
ふしぎだったのだけどそういう事なのか、と、はじめて意味が分かりました。

またそのうち行ってみよう。
とてもいいお店でした。

category:

tb: --   cm: 0

太古といえば  

化石


メリークリスマス!
の今日は、かわいい化石です。

ねじねじ君はこけむし類の「アルキメデス」というのだそうです。
1個105円くらいだったかな。

コインみたいのは大型有孔虫類の「貨幣石」。
虫ってところがカワイイなあ。

下のきれいなシダのようなのはけっこう見かけたことがありましたが
植物ではなく酸化マンガンが堆積岩に浸み込んだものだそうです。
「しのぶ石」と書いてありました。ほんとうは化石ではないのかな。
裏面にも同じように模様があるのに後で気づいて「おお~お得!?」と思いました。

アルキメデスの長さは17mmくらい。
もっと細くて長いのもありましたが私はずんぐりを選びました。

(2012 国際ミネラルアート&ジェム展)

category:

tb: --   cm: 0

自由制作(4)  

20121222-1.jpg


釣り針を貼り付けました。

まず釣り針くん2つをロウ付けしてから
リングのカーブに合うようサイズ棒などに沿わせて曲げるのですが
ピッタリ添わせるのがむずかしい・・・
リングに直接あてがって曲げるとリングに傷がつくからダメなのです。
(ロウ付け後できたなく見えるけどキズがあるわけではない)

でもロウ付けはおもしろかったです。
いちばん外側の釣り針くんと本体の接触面にロウを置けば
針の先端のほうまで接触面をロウが流れるのだそうです。
すばらしき毛細管現象。うまくいきました。

ロウを外側(リングのふちに一番近いところ)にだけ置く理由は、
はみ出たロウを削り落とすのに一番楽な場所だからだそうです。
なるほど~・・・

ほかにもピンセットの工夫とかいろいろおもしろかった。
次回は来年の宝石研磨講座です。

category: ジュエリークラフト

tb: --   cm: 2

太古の虫・・・  

福引でもらった三葉虫♪


ミネラルショーの福引で6等が当たりました。
好きなの選んでと言われたのでなにがあるかな~と思ったら
にごった水晶などとコイツがありました。

自分じゃ買わないけど、三葉虫、いただきました♪
(サムネイルはほぼ実物大)

でもちょっとGみたいです。

(2012.12 東京ミネラルショー)

category:

tb: --   cm: 0

緑と青の縞々  

きれいな縞のフローライト


きれいな縞々のフローライト。
ふつうに見るともっと暗いけど、光に透かすときれい!
横幅33mmくらいです。ほぼ実物大だ・・
(これはクリックしてもおおきくならないです)

ミネラルアート&ジェム展で外国のブースのお皿盛りの中から買いました。

(2012国際ミネラルアート&ジェム展)

category:

tb: --   cm: 0

桜色  

20121208-15.jpg20121208-16.jpg

やっぱりうまく撮れないなあ。
この間べた褒めしていた紅水晶です。

大きさ、形、カット、色合いが私の中でベストマッチ。

指輪? ペンダント?
いろいろ想像してドキドキします。

紅水晶は日光で退色するというのだけど、これもかな。
ナチュラル(無処理)と書いてありました。
着色でないってことは、退色するんだろうなあ。

とりあえず、眺めてシアワセ感じます。

(2012.12 東京ミネラルショー)

category:

tb: --   cm: 0

スミレ色  

20121208-11.jpg


タンザナイトです。9.4ctくらい。
実物はもうちょっと赤みが入ってスミレ色な感じ。
うつくしいのです。

これは大好きなニルヴァーナストーンさんでお皿にゴロゴロ置いてある中から選びました。
前は御徒町に通っていたからよく寄れたけど、いまは大宮校だから久しぶり。
ミネラルショーにいつも出展されるのでうれしいです。

(2012.12 東京ミネラルショー)

category:

tb: --   cm: 0

北風のおかげ  

朝、会社への道を歩いていたら冷たい北風がピュ~~~

すると高い木々から落ち葉が舞い散ってきました。
青空と朝日と白い雲に、空いっぱいに落ち葉がハラハラ。

きれいだった!


-------------------------------------------------

数日前から、予約投稿というのをしてみました。
1週間分くらい。
日曜に気が向いて書き溜めしたの。

ふーん、便利だなあ。ちゃんと更新されてる。

でもやっぱりリアルタイムがいいからあんまり使わないと思います。
時には使うかな。

category: 日常

tb: --   cm: 0

血のような赤  

20121208-14.jpg


詳しいことは書かれていなかったガーネット。
最近ガーネットが大好きです。

私のデジカメは少し青みがかるので、もうちょっと黒赤寄りです。
血のような赤?ワインのような赤?



20121208-19.jpg


これももっと実際は血のような赤。
スペサルティンガーネットの結晶です。

買ったところは小さいけれど美しい原石ばかりの、店主さんのセンスとこだわりがにじみ出ているお店です。
前にフランス産の氷のようなフローライトを買ったお店だ、そういえば。

最初にパッと目に入り、つまんでライトにかざしたら虜になってしまいました。
このお店は品質が良いので小さくてもいいお値段がします。
けどこれは、狙ったわけではないですがお手頃でした。


20121208-18.jpg


普通の光でみるとこんな感じ。
クリックすると少し大きいので見やすいかもしれないです。
表面がまるで幾何学模様みたいで美しいのです。
ガーネットは、この間のグロッシュラーみたいなコロッとしたのが多いです。
これは研磨しないで眺めます。

(2012.12 東京ミネラルショー)

category:

tb: --   cm: 0

磨きたい  

20121207-04.jpg

アメジストの原石です。
少し内包物やにごりのあるのは300円くらいだったけど
これはきれいだから500円。
研磨講座用にいいなと思いました。

このほかにも12/11の日記に載っているペリドット大きいや紅水晶は
研磨にいいかな~と思って買いました。

でも研磨しなくてもいいんだ。
好きなだけだもん。

(2012.12 東京ミネラルショー)

category:

tb: --   cm: 0

白い光  

20121207-05.jpg

手前は鱗鉄鉱入り水晶・・・と書いてあったのですが
針鉄鉱入りの間違いじゃないかなあと思います。
(後日記入:でもやっぱり鱗鉄鉱かな・・・針鉄鉱入りは針の流れがそろってるし)

名前がどうのより、お気に入りの指輪のレッドルチルクォーツと似てる!
もっとやわらかみがあるカットだったら更に好き。


奥のあわいイエローはアラゴナイトです。
UVライトで(100均のでも)白く発光する様が幻想的なのです。
前にダンビュライトを買ったお店で見つけました。
(これが1万ちょっとした石です)

このほかに正方形っぽくて更にカットもきれいで2万近いのと
三角で小さいけど蛍光がきれいな6千円くらいのがあり
かなり長時間ねちっこく「うーんどうしよう、ううーーーん」など悩んでいたら
店主さんに「一度離れて落ち着いてからまた来てみたら?」と言われました。
店主さんから何度か「自分も元コレクターだからわかりますよ」との発言がありました。
いえ、コレクターなんておこがましい・・・と言ったのですが
私の行動は傍からみたらすでにそんな感じなのですね。

ということで他のお店を見て回りそのうち気持ちも固まり
これを買ったのでした。


20121208-20.jpg
20121208-21.jpg


写真見ても光ってるのかどうかよくわからないかな・・・
蛍光しない石の写真を貼ってみます。


20121208-22.jpg


ちょっとは違いがわかるかな。
でも実際にみたほうがほんとうに幻想的できれいです!

(2012.12 東京ミネラルショー)

category:

tb: --   cm: 0

ピンクの結晶  

20121207-03.jpg

グロッシュラーガーネットの結晶です。
わー、ガーネットの結晶きれい~と思ってみたら700円でした。
断片だから安いのかな?ふつうこんなもん?
人差し指の先端くらいの大きさです。

ショートケーキみたいでかわいいうえに結晶の縞々もきれい・・・
半透明感もすき。

いつか研磨してみたい気もするけれど、このままがかわいいな。

(2012.12 東京ミネラルショー)

category:

tb: --   cm: 0

自由制作(3)  

20121215-1.jpg


釣り針はすごく難しい。

category: ジュエリークラフト

tb: --   cm: 0

ミネラル  

土曜に東京ミネラルショーに行きました。
あまり元気がなかったので一人で行ったはずなのですが
吸い寄せられるように日曜も行ってしまいました・…・


12月8日

20121207-01.jpg

20121207-02.jpg



12月9日

20121208-01.jpg


なんだか今回は 胸がキュンとするような石にたくさん出会って
しかもみんなそれほど高くなくて(1万ちょっとのが1個ありますが)

とくに最後の写真のローズクォーツのルースなんて
見るたび「美しすぎて きーみーがこ~~わ~い」なんて頭に流れてしまうのです。
(レインボーアンデシンの時もレーンボートパーズの時もこの曲が頭にまわっていました・・)

こんなきれいな自分好みのローズクォーツ、めったに出会えないのです。
不透明だったり、透明でも色が薄かったり。
ただ透明ピンクな石ならクンツァイトやモルガナイトがあります。
ローズクォーツは完全にクリアでないかわりに
まるで発光するかのようなあわーいベールがかかっている感じ・・・
この写真なんかより、実物はもっと清楚で天使のよう!

ローズクォーツとか紅水晶というより、桜水晶とでも呼びたい色合いです。
ちょっとため息とかドキドキとかしながら見つめてしまいます。

もちろんほかの石も胸キュンです♪
それはまたあとで・・・

category:

tb: --   cm: 0

自由制作 (2)  

ヤスリをかけ終わりました。
今回は1000番までなので少し粗いです。

20121201-1.jpg


そしてこんなパーツを作り始めました。

20121201-2.jpg


金色部分は作業をしやすくするために仮付けした真鍮です。
(先生が付けてくれました)

なんかこのままでもカワイイなあ・・・
別物のパーツみたい。

category: ジュエリークラフト

tb: --   cm: 0