緑と 青と …

BECK  

映画「BECK」を観てきました。

ナカナカよかったです。
というより、2回観てしまいました・・・初日から。
期待しすぎず楽しみにしていたんです。
原作マンガのBECKはかなり思い入れが深いのです。
何度読み返したことか・・・。

映画、もう1回くらい(今日)見てもいいくらい惹きこまれました。
主題歌もレッチリにオアシスで自分のイメージでは最適に近いです。
(アニメはしょうもない感じだったけど)
映画用としての設定のアレンジが原作のイメージを壊していない感じでした。
脚本家さんはデスノートの実写版を手がけた人らしく、なるほどーと納得しました。
そして、俳優さんたちがみんなバッチリ!(私にとっては)
平君の走り方とか猫背ぎみにベース弾くところとかうれしくなっちゃうし
サクのいつもニコニコしてるところとか
千葉君なんか何から何まで最高だし
コユキのクライマックスで唄う顔とか涙が出ました。
水嶋ヒロの竜介君なんか(自分が若かったら)惚れちゃいそうです。

きょうからまた読み返しの日々になりそうです。

category: 映画

tb: --   cm: 2