緑と 青と …

緑が恋しい  

20150609-200405-2.jpg


昨日は終日社内講習会で頭とおしりが疲れてしまったよ・・・
そして今日も暑いね。

緑が恋しくなったので、2004年5月の土手のニワゼキショウ。

なんとなく北斗七星ぽくない?
7輪じゃないけど(^^)

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 0

白い花  

20150609-200404-2.jpg


広い土手では ふだん見れないような草に出会えたりします。
雪花詰草もだけど、白いカラスノエンドウにも出会いました。
2004年4月の土手です。

ほんとはもっと撮っていたんだけど この写真しか残っていなかった。
私の写真よりももっと清らかで、そして生き生きしていました。
濃いピンクと白がポチポチと咲いてきれいだったー。

白花はふつうのピンクより咲き始めるのが遅かったな。
そして半日陰側の斜面に咲いてました。
冷蔵庫に種をとってあるけど、もう10年くらい前のだ・・・
蒔いたら芽が出るかな、もうダメかな。

だれか、蒔いてみてくれるひと、いる?
芽が出ない可能性高いけれど・・・
芽が出たら咲かせて写真見せてくれる人
そんな方がもしいたら、連絡もらえれば種送ります。

そういえば、いろんな種が冷蔵庫に眠ってるなあ!

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 0

6月の土手の実力は  

6月初旬~中旬の土手は、草が刈られなければキキョウソウが満開になります。


20150609-200206-1.jpg

20150609-200206-3.jpg

2002年6月の土手。
この間の景色とは全然違うね~



20150609-200206-4.jpg

どこまでも続くチガヤの白い波・・・
この時の感動といったらありません。

友だちやら妹やらをかわるがわる土手に連れてきて
感動をわかちあい(押し付けかも…笑)ました。

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 0

クローバーが好き  

20150609-200405-1.jpg


アカツメクサとシュワシュワしたイネ科の草がかわいかったのです。
イネ科の草は種類が多くて名前がわからない・・・
上のほうにシュッと伸びてるのはネズミムギかも。
2004年5月の土手です。


20150609-200205-2.jpg


アカツメクサは色の濃淡がけっこうあって、たまーにこんな真っ白いのもあるのです。
見つけたときはうれしかったー。
純白のポンポンの花がすごく美しいよ。

白くてもシロツメクサではなく、アカツメクサの白花。
背が高くて、首元に小さい葉っぱがつくのでわかります。
雪花詰草(セッカツメクサ)とも呼ばれるそうです。
雪の花・・・わかるなあ~~いい名前。


20150609-200204-3.jpg


シロツメクサもこんなふうに広がっていて、いい香りでした!
コメツブツメクサもだけど、やっぱりクローバーたち大好きです。

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 2

買わなくてもそのへんをよく見れば  

20150609-200204-2.jpg

4月の土手にはこんな白い小さいかわいい花が群生して満開になります。
きっとそのへんの小さい川べりとか畦道とかにも生えてるかもしれません。
通勤路のキジのいる辺りにも咲いてたなあ。

これは野萵苣(ノヂシャ)と言って、若い葉はサラダなんかにして食べられるみたい。
マーシュという名のハーブでもあります。たしか。


20150609-200404-1.jpg

これが若い葉です。
みずみずしくておいしそう~って思ったけど
土手だし犬のおしっことか気になるのでさすがに食べなかったです。
火をとおして食べるものならぜったい食べちゃうけど。
セリとかふきのとうとかツクシとかカラシ菜ぽいのとか摘んできて食べたなあ。
どれも野性味あふれて香ばしく、そして摘みたてのふきのとうは驚くほどアクが少なくさわやかでおいしかった!

これも2002年4月の土手からでした。

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 0

キイロイコメツブツブツブツブ  

20150609-200204.jpg


満開のコメツブツメクサの中にちょこんとニワゼキショウ
この時、あたり一帯が黄色い絨毯だったんだー
2002年4月の土手です。

タワシまたは刈上げの今でもこの光景なら見れたかも。

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 0

「草が好き」  

草が好きな人を探したいと思って
「草が好き」って画像検索したら
猫が好きな草ばっかりでてきた・・・次いで犬。

検索のしかたを考えねば。


20150608.jpg

2002年5月、毎週末に草を求めて歩き回っていた時の土手。
キキョウソウが咲いてます。

「草の根を分けて探す」って、草を掘って根を分けてまで探すって事?
それとも草の根本を分けてまで探すって事?

後者だったら文字通り、当時は草の根を分ける勢いで草を観察していました。
たとえばこの土手の1m四方の中にどんな草があるかみたいに。
もしくは見たことない草、見落としてた草がないかな、とか。
そりゃもうわくわくしながら。

いまこの土手はいつもタワシみたいに刈られているので行かないんだ。
なので時々、当時の草を貼ろうかと思います。
震災でPC壊れたのであんまり残ってないんだけれど。

category: 土手を散歩 リバイバル

tb: --   cm: 4