緑と 青と …

北海道(4)硫黄山~十勝川温泉、富良野  

知床の翌日は硫黄山へ。


硫黄山

蒸気がたくさん上がって硫黄のにおいが辺りにたちこめています。
砂地の周囲にはナントカ松とイソツツジが群生していました。


ウスベニツメクサ

砂地にはこんな小さなかわいい花も。
ウスベニツメクサというそうです。
ここはトイレ休憩だけなので、すぐに時間がなくなってしまいました。
でも、同じツアーの人がみんなに蒸気のゆで卵を買ってふるまってくれました。
とても香ばしくておいしかったです♪
そして、摩周湖展望台に向かいます。


カラフトヒヨクソウ

展望台では全員で集合写真を撮りました。記念に買いましたよ♪
これは展望台周辺に咲いていたカラフトヒヨクソウとシコタンキンポウゲらしい花。
カラフトヒヨクソウは最初、ベロニカ・オックスフォードブルーにそっくり!
とおどろきました。誰か種蒔いたの?そんなはずないよね・・。
家に帰ってから調べるのにも時間がかかりました。
ゴマノハグサとかクワガタソウとかで探したから・・でもなにかの拍子にわかってスッキリ。


エゾシマリス

そしてエゾシマリスも出てきました。
野生ですが、エサをもらえるのでちょくちょく出てくるようです。
すごくかわいい・・・。


エゾクサイチゴ
オオヤマフスマ
白い蝶、黄色い蝶

駐車場周辺に咲いていたエゾクサイチゴ、オオヤマスフマ、
コウリンタンポポに寄り添う白い蝶と黄色い蝶。

このあとは和商市場で昼食やショッピングをして釧路湿原を通り、十勝川温泉に宿泊です。


セイヨウノコギリソウ

観月苑という十勝川沿いのホテルに泊まりました。
十勝川河川敷の植物達を撮りに散策です。
セイヨウノコギリソウは道端のいたるところで見かけます。


マツヨイセンノウ

マツヨイセンノウも畑の縁などに群生しているのですが、ここでも一株見られました。
シレネという名前で関東では園芸植物として栽培されますよね?


イタドリ

ラワンブキとならんで北海道の初夏を彩るオオイタドリ。
2mくらいありそうです。


カラフトホソバハコベ

それから、いろんなところで見かけてとてもかわいかったカラフトホソバハコベ。
群生すると背も高めなのでカスミソウのようでステキです。


勿忘草

わすれな草も自生しています。
このあと、蚊が出てきて外にいられなくなり、ホテルに戻って温泉につかりました。
十勝川沿いはとても広くてすがすがしくて草もたくさんあって、未練たらたらでした。


エゾオオヤマハコベ

翌日は朝一番で花畑牧場へ。
またもや周辺に咲いていた、おそらくエゾオオヤマハコベ。
用水路の反対側で遠かったのと、霧雨の朝なので半開きなので花が小さく見えますが
きっとそうだと思います。


ラベンダー

最後の立ち寄りはファーム富田です。
ラベンダーはまだ咲いていませんが、蕾は色づいていてとてもきれい!
ラベンダーソフトも食べました。
今まで食べた中でいちばんラベンダーの香り濃くておいしかった。


途中の風景

最後の写真は車窓からかな・・トイレ休憩の場所だったかな。
パッチワークの路のあたりだと思います。
ケンメリの樹やマイルドセブンの丘なども通りましたよ。

最初から最後までゆったり楽しく、そして通り過ぎるだけの予定の場所も
時間があるとバスを停めて休憩を入れてくれたりと融通をきかせてくれました。
また行きたいなあ・・。
ネットのお花好きなみんなと行ったら楽しいだろうなあ・・なんて思いました。
いつか行けたらいいな。こんな遠くなくても!

もう旅行から3週間も経つのにまだ心はうわつき気味です。
そのくらい楽しい北海道でした。

category: 北海道旅行

tb: --   cm: 2

北海道(3)知床へ  

天都山展望台から知床に向かう途中、原生花園を通り抜けていきました。
原生花園は海沿いにありますが、道路の海側と内側(湿地)ではフンイキがちがいます。


(写真は全てクリックで大きくなります)
原生花園

原生花園

これは海側のほう。自然のお花畑にうっとりです。
原生花園はすべて車窓からで、次から次へと展開する美しいお花畑にもうコウフン。
写真のはオレンジのエゾスカシユリ、黄色いエゾキスゲ、ピンクのはまなすなどです。


原生花園

こちらは内側の湿原です。ヒオウギアヤメやハマナスが咲いています。
写真に撮れなかったのですが、ほかにもセンダイハギやムシャリンドウ、
フウロソウのような花などがコロニーを作ったり入り混じったりと
天国のような光景でした。


原生花園と道産子

道産子も見れましたよ♪霧の湿原とお花と馬・・・とてもステキでした。
原生花園はけっこう長い距離楽しませてもらえました。
そして知床に入り、オロンコ岩の近くで昼食をとりました。


エゾキヌタソウ

エゾキヌタソウ

昼食をとった近くでみつけたエゾキヌタソウです。
ごちゃごちゃしていますが、ひとつひとつはとってもかわいくて清楚で美しいです。

そして、知床峠に向かいます。


野生キタキツネ

途中の山間いの道で、野生のキタキツネに出会いました。
わあ・・ほんとうに野生のニオイを感じます。
今は野生のキタキツネはあまり出てこないそうで、出会えてラッキーでした。



知床峠から

そして知床峠に着きました。これは峠からの風景。


知床五湖木道から

知床五湖木道から

そして散策用の木道から。最近、クマ除けに木道が作られたのだそうです。
ところですぐ上の写真、クリックするとある動物が小さく見えます。

↓に、その動物の動く様子を並べてみました。

一湖と鹿
一湖と鹿

鹿がテケテケ歩いています。

一湖と鹿

2頭に増えました。

鹿入水

え、え、水に入っちゃうよ、だいじょうぶなの?

鹿水浴び

2頭とも入水してしまいました。
きっと暑くて水浴びしに来たんだね・・・私もすごく日焼けしました。


カッコイイ角

知床峠からまたオロンコ岩近くに戻ります。
そこに、宿泊する知床第一ホテルがあるのです。
途中でオスのエゾシカを至近距離で見ることができました♪
メスはぞろぞろ出没しますが、オスはめったに人の近くに来ないそうです。
これまたラッキー!角がカッコイイな♪
白い花はフランスギクです。

そして、オロンコ岩のところに戻りました。


オロンコ岩の隣の岩

これから遊覧船に乗るのですが、船を待つ間、オロンコ岩の隣の岩の前で並んでいました。
その岩にはカワラナデシコや高山植物のような花が咲いていて、ひとりまたコウフン♪
夕方で暗くてぼけぼけですが、この写真の中にはカワラナデシコはもちろん
キバナカワラマツバ、ヒメエゾネギ、エゾキスゲ、イワベンケイなども咲いています。
オロンコ岩の上にはこれらの花のほかにいろんな高山植物も咲いているそうです。
エゾシカが登れないから食害されないのだって。
時間があったら登りたかったな・・・いつか登りにまた北海道に行こう!


あともう1回くらい北海道で更新できそうです。
またそのうち、飽きてなかったら見てくださいね。

category: 北海道旅行

tb: --   cm: 2

北海道(2)銀河・流星の滝、天都山展望台  

まずは車窓からの大雪山です。

(今日のは全てクリックで大きくなります)
大雪山


そして、やってきたのは銀河・流星の滝。

銀河の滝

これは銀河の滝。流星はうまく撮れませんでした。
(なんだか縦のサムネイルが小さいですね・・・すみません)


そして、付近には北海道の植物達がありました。
調べてもよくわからなかったのだけど、ルイヨウショウマ系かな・・思います。
アカミノルイヨウショウマに似ています。
他の植物もなのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけたらありがたいです。。。

アカミノルイヨウショウマ?


黄色いのはたぶんカラフトダイコンソウ、白いのはヤブジラミ?

カラフトダイコンソウ


そして、どれも蕾だったのだけどチシマアザミだと思います。

ゴボウ系


右の背の高いのはエゾノレイジンソウ
左の白い線香花火のようなのはエゾカラマツソウだと思います。

エゾカラマツソウ、エゾノレイジンソウ

北特有の植物達がこんなあっさり見れてとてもうれしい!
滝よりも植物にソワソワうれしくなる北海道です。
そしてこの日は温根湯温泉に宿泊しました。
(松葉カニ御膳の宿です)


これはホテル付近に咲いていたルピナス。
途中の山間いの側面などもたくさん咲いていました。

ルピナス


ついでに付近のラワンブキ。
もっと大きいのをやっぱりバス走行中にたくさん見ましたが撮れなかったので・・
葉っぱの下で写真を撮りたかったなあ。

ラワンブキ


翌日は既にアップしたきたきつね牧場に朝一で行き、そのあと天登山展望台に向かいました。
途中で何回も見かけた牧草ロール。

牧草ロール


天都山展望台からの風景です。何山かな・・・。

天登山展望台から


展望台の付近にはオレンジのコウリンタンポポと
黄色いタンポポモドキ(正しくはブタナ)が咲いていました。

コウリンタンポポ、ブタナなど

コウリンタンポポとタンポポモドキと、ここにはないですがマーガレットのようなフランスギクが
群生している様はとってもきれい!みんな在来種ではないんだそうです。そうなのかー。


このあとは原生花園を通り抜け、知床へ向かいます。
また次回、アップしますので良かったら見てくださいね。

category: 北海道旅行

tb: --   cm: 4

北海道(1)生きもの  

旭山動物園は楽しみのひとつでした。
テレビでみたままの光景にワクワクです。
でも写真は少ないのです・・動物達は暑くて隠れていたりぐでーっとしてたりだから(^^;


レッサーパンダ

レッサーパンダ君(ちゃん?)は縄ばしごのはしっこにアゴをかけて寝ているようです。
ちょうど日陰でいいみたい。ずーっと動きません。
これ、けっこう高いところにあります。私の頭上2mくらいかも。


ぐで~っとライオン

この開きみたいなのは百獣の王です。
近所のネコみたい・・・暑いんだろうね。

ライオン2

外に回ったら寝返りをうっていました。
さっきのはガラス越し。メスライオンでした。


シロクマ

そんな中、ホッキョクグマは意外に元気!
ウロウロしたりガオーッとしたりしていました。


次は、いちばん楽しみだった北見のきたきつね牧場です。
写真たくさんあってすみません・・・あまりにかわいくて。

キタキツネ1

最初はみんな木陰に隠れていたのですが
誰かが手をたたいたら1頭だけ出てきてくれました。

キタキツネ2

揺れる草とキタキツネ!
見ていると「しょうがない、サービスしてやるか・・」的に
やる気がなさそうでいて実はサービス精神旺盛?みたいな感じです。

キタキツネ3

カイカイしたり歩いたりしながら、「うん?」と何かが気になったようでした。
誰か人の動きが気になったのかな。

キタキツネ4

するとですね、おトイレをはじめたようです・・。

キタキツネ5

スッキリしたら草むらをクンクン、フンフン。

キタキツネ6

そのうち飽きてきたのか、あくびをしながら木陰に戻っていきました。
あくびもかわいいー・・・実家のチョビ助をどうしても思い出してしまうよ!

キタキツネ7
(クリックすると少しだけ大きくなります。土管の子を見てもらいたくて)

仲間のところに戻りつつ、カイカイ。
奥の土管の子もカワイイです~。

キタキツネの近く
(クリックすると少し大きくなります)

少し歩くと、柵の外が見えました。
川が流れてる♪

キタキツネ8

またもうちょっと歩くと、草を食べてるコ。
そして横の植え込みの陰を見たら・・・

キタキツネ9

お昼寝中のコ発見。かわいい~♪
何度も撮り直したら薄目を開けたり閉じたり・・ジャマしてごめんね、もう行きます。

キタキツネ11

ほかにも出てきてくれたコがいたのでズームで連写していたら、こんな顔が取れました。
どこかの昔話でみたような大耳がカワイイ~。

キタキツネ12

そしてやっぱり飽きちゃったのか通路の反対側に動き出しました。
いろんな表情をするのね。とてもカッコイイ目だね。

キタキツネ13

そんなことをしているうち、昼寝中のコが顔を上げました。
ごめんね、もう行くと言いつつ他のキツネたちがかわいい動きをするので
ずっと近くにいたのでした。
こんどこそ本当に行くね。
かわいいキツネたち、ありがとう~。

私はツアーメンバーの中で一番最後までキツネとたわむれていました。
至近距離に見えるけれど、昼寝のコ以外はズームで撮ったのでけっこう遠いのです。
ルミックス、役に立ってくれる~。


長くなってしまいました。
エゾシカにも出会ったのですが、それはまた今度見てくださいね。

category: 北海道旅行

tb: --   cm: 4

戻ってまいりました  

食べすぎで2kg太りました。
それから、足がむくんで象みたい!
(太ったせいかむくんでるのかわからない・・でもむくみだと思っておこう・・)

旅行はとても楽しかったです♪
旅行前日の天気予報では北海道は雲と傘マークだったのに
初日から3日目までとてもいい天気!
ガスであまり見ることができないという山々も見ることができ
摩周湖も行く途中ガスが出たり消えたりで心配だったのに
展望台に着いたらガスは晴れ、中の小さい島も見れてとてもラッキー。
最近はあまり人前に現れないという野生のキタキツネも出てきてくれました。
それから、やはりあまり出てこないというオスのエゾシカも間近で見れました。
メスはしょっちゅう出てくるそうです。
知床の遊覧船では元気なイルカも見れましたよ♪

ガイドさんからは
「あなたたちはすごくついてるわよ、普通こんなにうまくいかないのよ!つきすぎかも。」
と何度も言われました。

バスも人数ギリギリで(21人)大型バスになりました。
もう少し少ないとマイクロバスになるところでした。
3分の1くらい席が空いてるので好きに移動もできてラク。
大型バスだとガイドさんがつくのでいろいろ説明してくれます。
添乗員&ガイドつきなんて、とても贅沢~。

写真は結局500枚を超えました・・・。
車窓から撮るのでぶれるから何回もシャッター切るし。
それに、まるで高山植物のような見たことのない花や
自然の花畑にウキウキワクワクでもう撮らずにいられません。

ちょっとずつゆっくり、写真をアップしていこうと思います。

category: 北海道旅行

tb: --   cm: 4

悩み中  

悩んでいる。
どうしよう・・・どこにしよう。

悪い悩みではなんです。
実は勤続25年を迎えて10万円分の旅行券と5日間の休日をもらえるのです。
いちばん行きたいのは小笠原!
でも船があまり無くて日程が限られるのでムズカシイ・・・
次は種子島と思ったけれど、私の休める日程では梅雨に入ってしまうらしいです。
旅行会社の人に事情と希望を話して相談したら
この時期(5月下旬~6月中)だと、南よりも北海道が良いのでは?とのことでした。
特に道東のほうは人気スポットというより雄大な自然が多いですよ、と。

パンフレットを出してもらって見てみると、おお、好みかも!
日程の見方とか教えてもらって、帰ってまた検討することにしました。

いいなあ、北海道。道東いいじゃん。
日程はこのへんで・・とか思いながらネットでも再調査していると
またもや南に行きたい気持ちがムクムクふくれてきました。

ほんとうは今の気持ちは南国方面の自然(ジャングル系)なのです。
小笠原はムリでもほかにそれ系のところは?
沖縄の梅雨ってこっちみたいにうっとおしいの?
梅雨入り早けりゃ明けも早いじゃん?

ということで、日本の秘境100選などから探してみると与那国島が気になりました。
だってヨナグニサンがいるところです!(怖いけど)
旅行代高いし飛行機の乗り継ぎで1日潰れる・・けど、2泊すれば真ん中の1日は自由じゃない?
小さい島だし1日でも目的のところと、ちょっとした気になるところには行けそう。

どうしようかなあ。
北海道は添乗員がいていろんなとこに行けて4日間。
与那国は自由な1日と飛行機2日間。
そのほかには、友人を誘って首都圏の高級ホテルでエステ付きパックも考えました。
これなら友だちも会社1日くらい休めば行けるもんね。

どうしようかなあ。
気持ちがワクワクするのは与那国島。
おまかせで北の自然に出会えるのは道東。
エステパックは・・やっぱり今回はいいかも。
悩む~。

category: 北海道旅行

tb: --   cm: 2